FX少額投資のすすめ 〜外貨預金よりFXがおすすめ〜

FXを少額投資で始めてみよう!FX初心者向けの情報サイト

FXを始めでみたいけど最初はなるべく少額で始めてみたいという人が多いのではないでしょうか。
ここはFX初心者の方向けの情報サイトです。

FXとは レバレッジをかけるほどリスクが高まる

まずはFXとは何かについて簡単に解説しておきます。FXとはForingExchangeの略で主に日本円と外貨を交換する取引のことを言います。外貨預金と似ているのですが、外貨預金と違うところは証拠金取引であるという点です。

 

「証拠金取引」とはFX口座にある一定のお金を預けておき、その預けたお金の25倍までの範囲内で取引をすることができるというものです。担保金と考えてもらえれば問題ないです。

 

例えば100万円口座に証拠金を預けたとすると、その25倍、すなわち、2,500万円まで取引をすることができます。

 

1ドル=100円と考えると、250,000単位まで注文をすることができます。

 

このように、預けているお金以上の取引をすることをレバレッジをかけるといい、25倍の取引であれば、25倍のレバレッジをかけて取引をするといいます。FXはこのように少ない資金で大きな取引をすることができるのですが、レバレッジを大きくするほどリスクは高まります。

 

上記の例の場合、例えば1ドル100円の時に250,000単位注文すると、1ドル96円になると含み損が4円×250,000単位で100万円となってしまいます。口座に100万円しか預けていないと、追加で証拠金を入れる必要があります。(追証)

 

証拠金を入れなければ強制決済となり、FX市場から退場しなければならなくなります。FXで個人投資家が勝てないのはハイレバレッジをかけていることが大きな原因です。FXといえどレバレッジを低く抑えてドルコスト平均法を主体にトレードすれば堅実に勝つことができます。

 

参考:個人投資家がFXで勝てない最大の理由

 

FXはいくらから始めることができるのか?

では、FXいくらから始めることができるのでしょうか。必要資金についてみてみましょう。

 

1ドル=100円であれば100円あればFXを始めれるんじゃないの?という話ですが、必ずしもそうではありません。

 

FX会社はそれぞれ「最低取引通貨単位」というものを定めています。

 

この最低取引通貨単位とはこの単位からでしか取引できませんよというものです。株式でいうと単元数、100株からでしか取引ができないといった感じです。

 

そして、この最低取引通貨単位ですが、通常は10,000通貨となっています。

 

10,000通貨ということは1ドル100円と考えると、100円×10,000でなんと100万円分の取引からでしか取引ができないことになります。

 

これが、FXがハイリスクであるという理由の一つです。

 

上記で書いたとおり、FXではレバレッジを25倍までかけることができます。そのため、10,000通貨の取引をしようと思うと、100万円÷25倍で4万円最低でも必要ということになります。

 

「4万円ならなんとかなるよ」と思うかもしれませんが、レバレッジを25倍もかけるのは上記でも解説したとおり、かなり危険です。

 

25倍レバレッジをかけると4円の為替変動でロスカットとなり、素人ではすぐにお金を失ってしまうでしょう。

FXを少額で始めるためには

「FXを始めるにはやはりある程度まとまったお金が必要なのか?」「初心者がいきなり始めるのは間違いないのか?」ということになりますが、実はFXでも少額取引が可能です。

 

多くのFX会社は最低取引通貨単位が10,000通貨単位なのですが、一部のFX会社では1,000通貨から取引ができる会社もあります。

 

そして、1通貨から取引ができる会社もあります。すなわち1ドルから取引ができます。

 

1通貨単位であれば本当に100円からでも取引ができます。FX初心者の方や堅実に稼ぎたい方はまずは1通貨単位で取引ができるFX会社で取引を始めることをおすすめします。

 

少額取引ができるFX会社は以下の通りです。(各通貨欄はスプレッド幅)

FX会社名 最低取引単位 米ドル ユーロ

SBI FXトレード

1 0.27銭 0.69銭

JFX

1,000 0.3銭 0.9銭

ヒロセ通商

1,000 0.3銭 0.9銭

DMM FX

10,000 0.3銭 0.69銭

(*SBIFXトレードは10,000通貨以上はスプレッド幅が広がります。)
 
1通貨単位から取引が可能なFX会社はSBI FXトレードです。

 

 

1通貨単位であれば米ドルであれば100円から取引ができます。手数料(スプレッド)も他社と比較しても安く、初心者でなくてもパフォーマンスの高いFX会社です。また、SBI FXトレードは口座開設キャンペーンで500円が入金されます。1通貨単位であれば500円からでも取引ができますので、まずはFXがどんなものか試してみたい人には最適です。

 

FX初心者の方はFX取引慣れるまで500円ほどの証拠金から取引に挑戦してみてください。

 

FXでレバレッジをかけずにスワップポイント(金利)狙いで投資する手法

FXはハイリスクハイリターンが魅力です。はじめは少額取引ですが、慣れてくれば、取引金額を増やして一攫千金を狙うのもいいでしょう。

 

ですが、ハイレバレッジの取引で継続して勝てている人は1%に満たないという話もあるように、ハイレバレッジのギャンブル的な投資はいつか大損をしてしまうでしょう。

 

そこで、おすすめしたいのが、レバレッジをかけずにスワップ収入と為替差益を狙う投資法です。

 

いわば外貨預金に近いものですが、外貨預金が1ドルあたり50銭〜1円の手数料をとるのに対して、FXでは0.29銭ほどです。実はFX
は外貨預金よりもかなり手数料を安く金利収入を得ることができます。

 

レバレッジをかけずに投資するというのはFXの口座に100万円預けたのであれば100万円分の単位しか保有しないようにすることです。これであれば、大きく為替が変動したとしたとしてもロスカットすることはなく、日々スワップ収入を得ることができます。

 

では、スワップ収入はどれほど得ることができるのでしょうか。高金利の通貨についてみてますとおおよそ以下の通りです。

 

豪ドル:3%
NZドル:3.5%
南アフリカランド:5%

 

日本の銀行に預けているよりもかなり高い利率で運用することができます。

 

レバレッジをかけていないため、為替変動益はそこまで多くは期待できませんが、それでも日銀金融緩和のように大きく円安に動けば10%〜30%程度の利益を得ることができます。

 

レバレッジは2倍まで、大きくても3倍までにはおさえて取引をするのがいいでしょう。

 

各FX会社ごとにスワップの金額も違いますが、この点もSBI FXトレードが優れています。

FX会社名 豪ドル NZドル 南ア・ランド

SBI FXトレード

72円 89円 150円

JFX

85円 78円 30円

ヒロセ通商

85円 78円 30円

DMM FX

62円 77円 110円

スワップは日々変動しますが、概ね上記表のとおり、推移します。ハイリスクなトレードも魅力がありますが、堅実に稼ぐ人に最後には抜かれてしまうのが常です。

 

上記比較表では、スワップの高い通貨として豪ドル、NZドル、南アフリカランドをのせていますが、やはりスワップが大きくつくのは南アフリカランドですね。

 

SBI FXトレードは上記3通貨の中では特に南アフリカランドに適したスペックになっていますので、スワップ狙いの投資をするのであればおすすめです。

 

また、リスクは上がりますが、さらに高いスワップのトルコリラもヒロセ通商であれば1,000通貨から、OANDAJapanであれば、1通貨から取引をすることができます。

 

参考:トルコリラFXを少額で始める方法 OANDAJapan

 

以上、FX初心者の方はまずはレバレッジをかけずに少額からFXを始めてみてください。

 

少額からFXに挑戦してみよう!
1ドルからFXを始める SBI FXトレード