外貨預金よりFXがおすすめ FX少額投資のすすめ

トルコリラFXを少額で始める方法 OANDAJapan

FXは新興国の通貨にも手軽に投資できることが魅力の一つです。

 

新興国はリスクがある分、政策金利が高く、FXでもスワップが高くなっています。

 

トルコリラも高スワップで有名な通貨です。

 

ではトルコリラのFXを少額ですることはできるのでしょうか。

 

SBIFXトレードはトルコリラの扱いなし

当サイトでは1通貨からトレードができて、かつ、スプレッドが狭く、スワップの高い優秀なFX会社のSBIFXトレードをおすすめしていますが、残念ながらSBIFXトレードはトルコリラを取り扱っていません。SBIFXトレードは新興国の通貨では南アフリカランドを取り扱っており、スペックもよく、お勧めです。

 1通貨からトルコリラに投資できるOANDAJapan

では、トルコリラは少額ではFXできないのか、ということですが、少額で投資できる会社がありました。

 

OANDAJapanです。

 

取扱通貨はかなりの数

OANDAJapanは取扱通貨数は72通貨ペアと、FX会社の中でもかなりの種類の通貨ペアを持っています。

 

トルコリラ円(TRY/JPY)はもちろんのこと、米ドルトルコリラ(USD/TRY)といった、外資系ならではの通貨ペアも取引することができます。その他、マイナーな通貨であれば、香港ドル、ノルウェークローネ、メキシコペソなど、他のFX会社ではなかなか取り扱っていない通貨もありますので、投資の幅が広がりますね。

 

全て1通貨からFXできる

OANDAJapanのすごいところはトルコリラなどのマイナー通貨も含めて全て1通貨からFXができるという点です。

 

FX会社の利益を考えると、できるだけ1lotは大きくしたいと考え、10,000通貨からしかトレードができない会社が多いのですが、OANDAJapanはFX初心者にも優しい取引仕様になっています。

 

ただし、スペックは低めか トルコリラのスワップも他社よりかは低め

OANDAJapanを使えばトルコリラも少額から始めることができるのですが、スワップ等のスペックは他の会社よりも劣っています。トルコリラのスワップは10,000通貨あたり90円〜100円ほどで、くりっく365のGMOクリック証券が120円前後であることを考えると少し物足りない感じもします。

 

ただ、90円でもなかなか高い数値になっていますので、堅実に投資をするのであれば、利用したいFX会社ですね。

 

1000通貨からトルコリラに投資できるヒロセ通商

ただ、せっかくリスクの高いトルコリラに投資するのであれば、もう少し高いスワップが欲しいというのであれば、1000通貨から投資できるヒロセ通商がお勧めです。

 

ヒロセ通商であれば、トルコリラのスワップは110円前後ですので、それなりのリターンを得ることができます。

 

1000通貨ということはトルコリラが現在40円ほどですので、約4万円分の投資が最小取引単位となります。資金にある程度余裕があるのであれば、ヒロセ通商で初めて見るのもおすすめですね。

 

スワップが高いのはくりっく365 ただし10,000通貨から

トルコリラのスワップを最大限に享受したいのであれば、GMOクリック証券などのくりっく365で口座を開設することがおすすめです。

 

ただ、急落リスクのあるトルコリラですから、あまりレバレッジをかけてしまうと、あっという間に証拠金がなくなってしまいますので、資金に余裕のある方に限定しておいたほうがいいでしょう。

 

以上、トルコリラFXを少額で始める方法について紹介させていただきました。

 

極力堅実に行くのであれば、1通貨から取引ができるOANDAJapanで初めて見てください。

 

口座開設は以下よりどうぞ
トルコリラを1通貨から投資できる OANDAJapan